トップ > 製品紹介 > 創作(モダン)位牌 > 天平 タメ

天平 タメ

重塔の尊厳な姿と趣さえ感じるタメ色との融合

平城京を中心に花開いた貴族・仏教文化。それは聖武天皇のときの元号を取って天平文化と言われています。

青(あお)丹(に)よし  奈良の都は 咲く花の にほふがごとく  今盛りなり

とも詠まれ、その時代の奈良の華やかさが目に浮かびます。そんな時代に建設された仏塔。本製品「天平」はそれをイメージしています。同時に、天下(世の中)が平穏であってほしいという願いも込めました。一番下の台座の裏に金箔を押してあり、奥ゆかしく輝き、より一層の気品が感じられます。
意匠登録番号 第1432677号gozyunotou

<天平のその他の仕様>
天平

本製品のご購入を検討の方は、こちらまでお問い合わせください。
お客様のご近所で、弊社製品お取扱店をご紹介させていただきます。

 

tenpyou tenkuu